探偵の仕事はつらいのか?


探偵の仕事というと、尾行や張り込みなどを常にしているようなイメージかもしれません。
それは確かに探偵につきものの仕事と言え、探偵の仕事の中でも中心と言えるような部分になるはずです。


そして、そういったイメージがあると、なんとなく体力的に消耗が激しそうでつらそうに思えるでしょう。
張り込みや尾行に関しては確かに体力的にきついと感じる面がありますから、そこは間違っているわけではないです。
あとは浮気調査などをしていて、浮気が発覚したときにその事実を依頼者に伝えないといけないときには、精神的につらい部分はあるでしょう。
こういったところは探偵の仕事ならではのつらい部分です。


しかし、体力的につらい部分、精神的に辛い部分というのはどの仕事にもありますから、そんなに気にすべき部分ではありません。


探偵の仕事ならではの危険はあるのか?


問題は探偵の仕事には、命の危険がある部分があるのか?という点です。
探偵という仕事に興味がある人ならば、絶対に知りたい部分だと思います。
命や犯罪に関わる危険があれば、出来れば遠慮したいと考えるのではないでしょうか。

探偵の仕事は、危険な面がない、とは言い切れません。
場合によってはリスクが大きくなる可能性はあります。


その代表として、車両での追跡が挙げられるでしょう。
徒歩の尾行より、車両での尾行は注意しなければいけないものが多く、場合によっては道路交通法違反を行ってしまうこともあるかもしれません。
事故を起こしてしまう可能性もあり、それは命にかかわる危険が高いということです。


また、依頼の中にも犯罪調査と言われる調査は危険を感じることがあるかもしれません。
これは、対象者が何らかの犯罪にかかわっていないかどうかを調べて、証拠を集めるものなのですが、相手が犯罪者かもしれないという時点でかなり危険性は高くなります。
張り込み先などで、ガラの悪い人に絡まれてしまう、といった危険も可能性がないわけではないはずです。


各探偵事務所で危険に対する対策を行っている

もちろん、探偵事務所では、調査員に危険が及ぶことがないように工夫しています。
疲労で注意力が低下しないように必ず交替人員がいたり、チームで尾行し法律違反などを起こさない対策などがあげられます。


また、犯罪にかかわる調査の時は依頼を受ける前に、危機回避を行います。
治安が悪い場所なども、出来るだけ避ける調査を行っていくはずです。


こうしたことから、日常的に危険を感じることはほとんどないでしょう。
まったく0とは言い切れないものの、探偵という職業は危険を意識しないといけない仕事というわけではありません。

関連記事