探偵になるために

探偵に憧れ、探偵に興味を持った人が探偵業界の入口に立つために、業務から業界へ入るために必要な情報を紹介するサイトです。
まずは知っている人もいるとは思いますが、探偵という仕事について少し紹介をしたいと思います。
推理小説など読んだことがある人は探偵についてある程度想像していると思いますが、その想像する業務内容に関しては忘れてください。
最初に言っておきますが、探偵の仕事はフィクションで語られる華々しい仕事ではありません。
犯罪を犯した人間を逮捕のために事件について推理をおこなうことはなく、実際のリアルな探偵の仕事は実に地味な仕事です。
小説のなかなどで語られる探偵像とは、事件の現場に偶然居合わせ、そこで真犯人を見つけるために警察と協力、または警察からの要請によって調査と推理をおこなっていく、時には手に汗握るアクションがあったり、科学技術などの専門知識を披露したりとサスペンス物語の定番と言っても過言ではありません。
しかし、実際にはこのようなことが行われていることはなく、実際の探偵の仕事については以下のものになります。
実際の仕事内容は、浮気調査、素行調査、人探し、信用調査など、殺人事件に関係するような仕事はありませんし、浮気調査で修羅場に遭遇して依頼人がパートナーを殺害、なんてこともありません。
いや、もしかすると修羅場の現場に探偵がいる場合もあるかもしれませんが、多くの場合には依頼人を浮気の現場につれていくことはしませんし、殺人事件などがおこった場合には探偵にも影響を与えることは必至です。
残念と思った人はいないと思いますが、一応注意をしておきました。そして実際の探偵の仕事は調査対象である人物を尾行したり、張り込みを行い、決定的な瞬間をカメラに収めるなどが本当の仕事です。
探偵業の入口に立つ前に最低でもこの認識の違いについて理解をしておくことです。

探偵になるために

探偵は、カッコイイ、小説やドラマのような名探偵になりたいと思い探偵を目指す人は結構いらっしゃるのではないでしょうか。
しかし、実際のところは現実の探偵は地味な部分が多々あります。

調査業務も、恋人や夫婦の浮気・素行調査で、長時間の尾行や張り込み調査を行ったり、人探し調査では、地道な聞き込み調査をしたりと、大変な部分もあります。

どんなあこがれの職業でもそうですが、入ってみて辛い時期というのはあります。
しかし、そうした辛いとき、または、大きな成果がなくて現状に不満を抱くことがあると思いますが、こんな時にこそ初心に返ってみることも大事です。

どのような職業を目指すにしても、成功するためには、我慢も必要ではないでしょうか。
ただし、成功するためだからといって我慢に我慢を続けて無理をするのも厳禁です。

働き方はひとそれぞれだと思いますが、無理をして体を壊してしまっても大変です。探偵という職業は体力勝負の部分もあるため、体調管理にも気をつけなくてはなりません。

最近では、ゆとり世代からさとり世代なんて言葉もあり、若い人達の働き方に、先輩たちが四苦八苦する部分もありますが、自分のスタイルで仕事ができることをもう少し考えてみたほうがいいのかもしれませんね。

私立探偵を目指すなら

私立探偵を目指すなら、何をしなくてはならないか、具体的な方法について知っている人は少ないと思います。独立した私立探偵を目指すなら、調査の方法だけでなく、法律などの予備知識を持っておくことも大切です。
探偵は、弁護士や行政書士、司法書士などの士業と違い、民間でしか認められていない職業です。
明確なライセンスや規定といったものが無いため、誰でも私立探偵として事業を始めることができたりもしますが、これにはリスクもあります。
このリスクというのが、探偵業に関わる法定、他の法令などがあります。
例えば、探偵業の従事者は、警察が持つ捜査権限のような、事件を捜査するための権利を持っていません。
私立探偵として独自に事務所を持つのであれば、これら法令に関する知識もある程度持っておきましょう。